2011年06月05日

Twitterに思う

http://togetter.com/li/143643

リンクは前の記事と同じ。さっきは愛国心について書いたけど、これ読んでて思い出したもう一つの話を。

リンク先のTwitterまとめ、為末さんは若者の愛国心の持ち様についてつぶやいてたんだけど、どうも人によってはこれが愛国心を否定しているように見えるらしい。

こういう話し手の意図が全く伝わってない状況、Twitter眺めてると、ほんとに良く見かける。Twitter以外でも見かけるけど、Twitterは特に多い気がする。で、ちょっと思ったんだけど、TwitterってTL上に情報がたくさん流れるから、一つ一つのつぶやきはさっとしか読まれなくて、キーワード+否定的な文章=キーワードの否定、って解釈されちゃうのかも。リンク先のつぶやきだと愛国心+若者に対して否定的な文章=愛国心の否定、って感じ。
他の例とか全然検証してないけど、そう考えるとちょっとしっくりくるな。逆に言えば、さっとしか読まない人にはそんな風に理解される可能性があるから、つぶやくときには気をつけろってことかも。

最後に全然関係ない話。
Twitterながめてると、「バカって言うヤツがバカ」って、言葉が本当にしっくりくる。
posted by 8beat at 17:05| Comment(0) | 気になる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。