2011年06月09日

石川遼が無免許運転という話ですが・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110608-00000149-jij-spo

海外で正規に国際免許を取ったら、日本のローカルルールでダメでしたった話みたい。

詳細はっきりわかんないとこあるけど、国際免許を取得する時はジュネーブ条約加盟国なら使えるって説明受けるだろうし、日本のローカルルールの説明なんかしようがないだろうし、日本で事務手続き的なものも無いように思うし、知っとけっていうのも酷な話だよなぁ。

2002年の法改正とか、その頃に国際免許に縁のある人とかじゃないと、なかなか把握しとれんだろうし。おれ自身、海外での免許取得が問題になってる話は聞いた事あったけど、法改正の方は知らんかったもんな。

法律なんだから知らなかったじゃ済まされない!って声高に叫んでる人がたくさんいるけど、そういう人たちって、自分に関わる法律とかちゃんと把握してんのかなぁ? ネット上で有名人叩いてる人たち、名誉毀損で捕まってもおかしくなさそうな発言いっぱいしてるんだけど。

あと、一般人なら逮捕!前科者!!とか言ってる人、他人が逮捕されるの大好きなんだろうな、きっと。他の記事によると報道関係者の指摘で無効と知ったらしいんだけど、これじゃ逮捕しようがないし。一般人でも絶対逮捕されねぇし。

そもそもこの法律、まともに運用出来てるんかな?
留学とか海外赴任とかでも、近場なら2〜3ヶ月に一回くらい一時帰国するのは普通だろうし、海外旅行から帰った時にそういう話聞いた記憶もないから、根本的に周知するタイミング無い気がするし。法改正のタイミングで告知したって、今の若い人は知る訳もないし、こんなイレギュラーなルール、ちゃんと調べろってのも無茶な話だと思うし。
仮に違反してても、国際免許証見たって渡航歴とかはわからんだろうし、重大事故とかじゃないと調べないような気がするし。

もちろん知らなかったですませていいわけではないし、知る努力も必要なんだけど、こうやって考えてみると、法律の中身とか運用とかにも問題はあるような気がするし、本当に議論しないといけないのは、この法律の是非だと思う。ルールを守る気持ちは大切だけど、盲目的に従うばかりだと、実情にそぐわない、なんのためにあるのかわからない法律ばかり増えていって、社会活動が阻害されていくわけだしね。

法律に従うだけじゃなく、問題のある法律は変えていく意志を持つ。
それも国民の責任じゃないかな?
posted by 8beat at 03:57| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。